ブログ

2019.11.11

エビデンスって信用できる?

エビデンスという言葉を最近よく聞きます。医療の世界ではEBM(Evidence Based Medicine)というのが全盛です。簡単にいうと、論文で裏打ちされた医療というやつです。その反対にあるのがNBM(Narrative Based Medicine)というもので、簡単に言えば体験談みたいなものです。
http://www.drnagao.com/apital_nagao/?p=4727
治療の信頼度でいうと今は圧倒的にEBMが全盛で、それ以外は信用できない「インチキ医療」だと声高に喧伝する医療者もいます。しかし、このEBM本当に信用できるんでしょうか。実は、多くのEBMの根拠と言われる論文は製薬会社に資金援助を受けて作成されているものなのです。このような研究にその会社にとって有利になるように手心が加えられていることが明らかになってきています。
https://news.yahoo.co.jp/byline/enokieisuke/20190520-00126580/
日本で最大のスキャンダルは「ディオバン事件」で、高血圧治療薬を売るために多くの大学医学部を巻き込んで研究費の提供と引き換えに論文の捏造を行ったことを覚えている方も多いと思います。しかも、驚くべきことにこんな癒着が事件発覚後も、相変わらず大学教授を中心に金銭の提供は続けられており、最高でおよそ3000万円ほどが個人に支払われています。こんな経緯で作成されたエビデンスっていうものが信用になるのでしょうか。私が長らく務めた大学でも、似たようなことはいくつも見聞きしました。教授の一人は、「結果が出る前に、論文を書け」とまで言って、忠実な部下は出世のために言いつけを守って論文を作成していました。私は麻酔科ですが、お恥ずかしいことに、ギネスに載るくらいの捏造論文が明らかになったのは我が国の麻酔科医です。さらに、麻酔科学会ではそのような捏造論文に対して学会賞を与えるということまでしてしまいました。研究とは、仮説を立ててその結果について考察して結論を出すものです。結果は、必ずしも仮説に当てはまるものとは限りません。その場合には仮説が間違っていたことになり、なぜ違ったのかを考えることになります。これを、薬を売るために「効果がある」という結果を論文にするということが多く行われていることが今のEBMの現状です。よくよく考えて医師の話を聞く必要があります。EBMといっている治療法の多くはこんな経緯で出来上がっているものです。逆に、信用できるものは長きにわたって使用されてきた治療法です。もし、ひどい副作用があるならばとっくに消滅しているはずです。ハーブ、漢方薬などはその作用機序などは明らかでないものが多いですがいまだに有効な治療法として使われ続けています。ただ、医療目的で行う場合には医師の管理下に行う必要があります。

2019.11.06

広島平和記念資料館

今年、4月にリニューアルオープンした広島平和記念資料館に行ってきました。改修前の展示は人形で原爆の悲惨さを表現したのが印象的でしたが、その表現が良くないとする人もあり、一新されました。全体的に、CGを活用し、コンピュータによる学習の要素を増やしたより洗練された展示になっており、世界中からの観覧者で満員の状態でした。展示は、10万人もの人が命を奪われた原爆の悲惨さを表していますが、特に個人に焦点を当てて奪われたものの大きさを表現しているのが印象的でした。戦争中だから非人道的な行為が許されるわけではないことはもちろんです。しかし、戦争という行為は人間の判断力をこれほど歪ませるものなのかということを表している出来事なのかと思います。決して、戦争という選択肢を選んではいけないし、国民の命を守れないような国であってはいけないと思います。改めて、色々と深く考えました。

写真は、特に印象的だった原爆によって未来を奪われた一家のものです。

2019.10.23

訪問診療ブログ『手のひら診察』

金谷 潤子
10月22日

『手のひら診察

高齢者の肌は乾燥していることが多いです。
かゆかゆになったり、すれて痛くなったり、赤くなったり。
時折、靴下を脱いで頂きカサカサの足全体に保湿剤をたっぷりと塗ってお話しながらマッサージすることも有ります。
他の先生の様に、医者らしい診察風景ではありませんが、私なりの情報をたくさん得ているつもりです。
足の冷たさや皮膚の張り、むくみ、乾燥具合、血管の怒張の塩梅。
ゆっくり触れながら、表情、会話の声色や目の輝き、選ぶ言葉やその出具合。
そんなの医者じゃないと思われるかもしれませんね。
人の生活の中で調子の良し悪しは、そんな些細なところに意外と現れてくるものです。

その上で血液検査だったり、慎重に触診、聴診をしたり、もっとヒアリングをしたり、場合によっては精査を病院さんにお願いしたり。

今日の方は、重症心不全と慢性肝炎がありますが、思い切って利尿剤を減らしている最中です。
少しだけお顔のしぼんだ感じが改善している様な気がしました。
採血の際(殆ど自分で採血します)の血管を刺した感触(弾力)は以前より力強く、血液流出の勢いも良好で少し安心しましたが、手が冷たくカサついていましたので、両手に保湿剤をたっぷりと塗るついでにお顔にも。
両手でお顔を覆って温める様に。

血液検査の結果はとても良好で思わずご家族にショートメールでお知らせしました。

※知らないうちにスタッフが写真を撮っていました

1 2 3 4 5 6 18
一番上に戻る