ブログ

2022.03.31

訪問診療ブログ『おつかれさまでした』

『おつかれさまでした』
ご家族さま達も
ご本人も
良いご卒業だったと
ご立派な旅立ちだったと
それぞれ
しみじみ思い出される
そんな在宅看取りでありたい
いつも願っている
今日も静かに旅立たれました
最期の診断をする
私の言葉を
誰も聞いてないくらい
それがいい
ご本人さまの診断を
しているのだから
ご本人さまが聞こえていれば良い
どうか
私には気を遣わず
ご本人さまの
大切な門出ですから
ちゃんと
ご本人さまが病や老いを
生き抜いて
やっと解放されたことを
ねぎらって
それで
私の役目は終わり
大切な方を囲んで
思い出が語られる
話に花が咲く
温かい涙の中で
私はそっと
尊い時間に別れを告げ
ありがとうございました
皆さまも
ご本人さまも
本当にお疲れ様でした
ご本人さま
またお会いしましょうね
2022.01.02

訪問診療ブログ『富士山信仰』

『富士山信仰🗻
その昔からたくさんの人々が
お姿にたくさんを願い
勇気付けられ
関連する伝承の数々
美しい富士の山
永遠の命
不死の秘薬
かぐや姫伝説
木花咲耶姫
富士山を見ると
神々しくて
背筋がピンと伸びるような
全て知り尽くして
見守っていただいている
底知れぬ温かさのような
大きな力を感じる
私が消えても
富士山は変わらない
その昔から
たくさんのいのちを
ずっと見てきたのですね
命は限りがあり
必ず終わりがあり
私たちには必ず死が訪れ
永遠の様に思うことにも
全て終わりや別れがある
だからこそ
今を大切に
指の間からこぼれ落ちる
うたかたの幸せに惑わされず
まことの幸せを見過ごさないよう
幸せとは
目の前の
足元の
いつも咲いている花
いつも見ている風景
いつも聴いている声
いつも聞こえてくる音
いつも感じている温もり
幸せは特別なことでは無く
日常
特別な非日常は
人生のスパイス
とても素敵な刺激 
イベント 
楽しみ
高揚
活力
変化
でもスパイスだけでは
お腹も心も満たされない
日常の幸せで
いつも心をいっぱいにして
いつか富士山みたいな
美しい山の向こうに
昇っていく日を迎えよう
お金や物や
権力や名声や
きらびやかなことではなく
小さな
どこにでもある
でもとても美しい
優しさ
ふれあい
たとえそれが
通りすがりであっても
それにどれだけ気が付き
感謝して
満ち足りるかを
私たちは
生きる中で試されている
皆さまが良い週末をお過ごしでありますように
2021.11.26

訪問診療ブログ『黄泉比良坂(よもつひらさか)』

『黄泉比良坂(よもつひらさか)』
現世と常世の境目と言われています。
日本神話では
国造りの男神イザナギが
亡くなった女神イザナミに逢いに行くくだりがあります。
決して姿を見ない様に言われたのに、
つい嬉しくて火を灯すと
イザナミは既に醜く朽ちており、
見られた怒りでイザナギを追いかけて来ます。
必死に逃げたイザナギは
黄泉比良坂まで来て、
ここを岩で閉じてしまいます。
悔しくてイザナミが「人の命を毎日1000人終わりにしよう」と言い放つと、
イザナギは「それなら毎日1500人の赤子が産まれるようにしよう」と答えたとか。
ここから生と死の概念、寿命などが生じたと言われています。
三途の河と似ていますね。
世界中であの世とこの世の境目には
共通して川やトンネルが登場するのは
不思議です。
赤ちゃんがお母さんのお腹からこの世に出てくる産道も
暗いトンネルの様なものですね。
かつてお看取りしたある方は、なぜ保っているのか医学的には理解できない状況で3〜4日間持ちこたえました。
血圧はずっと50以下で血圧計では測定不能。
意識はもちろん既に無く、
40度の発熱がありました。
血圧が低いのにもかかわらず、
高熱のおかげで手足の色は変わらず(通常、お看取り近くに血圧が下がってくると、血が届かなくなる為、手足の先から青っぽく冷たく変化してきます)
ポカポカでした。
高熱にもかかわらずなぜか呼吸はとても穏やかでお顔も気持ち良さそうに寝ているようにしか見えませんでした。
この方は子供さま3人にお会いしたかった様です。
血圧が下がり身体は終焉を迎えようとしていましたが、持ち堪える為にこの方は自ら発熱して血流を保ちました。
(辛そうには見えませんでしたので、解熱の為の薬剤は用いませんでした。後から、それは意味のある、本人の意思による発熱だったと気がつきました。)
最後に遠く離れた息子さまが到着すると、
その数時間後に熱は下がり奇跡は幕を閉じました。
黄泉比良坂を越えることは
あるいは三途の河を渡ることは
簡単でした。
けれどもお父さまはそこで身体を張り
命の灯火を必死に燃やして
待っておられました。
人のいのちは医者が決めるものではありません。
緩和ケアや終末期医療というものは、
人が現世での自らのいのちを終おうとする為のお手伝いです。
「ケア」と言う言葉の意味は「おてあて」「寄り添い」「気遣い」「お世話」「お手伝い」「癒し」です。
「キュア」は医療で生命を救う治療を施すことですが、
緩和ケアはキュアでは無いのです。
それは家族や近しい方々でも十分にできることも。
むしろ、薬よりも大きな効果が近しい人々や環境に隠されています。
麻薬や精神科薬を使いこなすことだけが緩和ケアと考えるのは大間違いです。
終末期における医療は、
ご本人の終おうとしているそのやり方の決して邪魔をしないよう、
穏やかで安心した時間であるようなお手伝いであるよう、
いつも心がけなくてはなりません。
※写真は今お迎えに近づいて来ているある方のお庭のお花です。
み空色の清々しいお花に讃えられて
ご自身のいのちと対峙しておられます。
1 2 3 4 5 6 34
一番上に戻る