ブログ

2020.02.26

ウイルスの存在に思うこと

金谷潤子 2月23日


学生時代、微生物学の授業でウィルスを習った頃には

単に「細菌の小さいやつ」と言った印象でしかなかった。

どのような生物も互いに良くも悪くも影響し合う。
細菌も人間に取って悪いものばかりではなく、

乳酸菌や納豆菌、酵母菌など良い細菌も居る。

ウィルスは悪いことばかりだろうか。

ウィルスは生物なのかどうかも議論されている。

ウィルスは遺伝子を持つが、細胞を持たないからだ。

他の生物の細胞の中に入って初めて増殖し、生物のように振る舞える。

このような生物は他に地球に存在しない。
普通はエネルギーを得て成長し増殖していくが、

ウィルスには遺伝子という増殖のための設計図があるだけ。

その設計図だけ持って他の生命体に入り、自分を増殖させるのがウィルスの蔓延の仕組みです。

ウィルス感染は宿主に時に遺伝子変異をもたらす為、

生物の進化に必要なのだと言う説が有るが確証は無い。(いわゆるウィルス進化説)

SF映画やアニメや漫画でもそのようなストーリーが散見される。

ウィルスの存在自体も謎で、宇宙からやってきた寄生体という説もある。

ウィルスの役割と存在は、誰も解明できていない。

私は微生物学者ではない。
ただの町医者だけれども、世の中が新しい感染症に脅かされている状況の中で、

ふと、これが人類にとって何を意味するのかと考えてみる。

先に、東北大微生物学の先生の提言をご紹介させていただきました。

人類の生活は随分便利になって来たけれど、

今、このような局面に際してどのように乗り越えていくことが試されているのか。

マラリアの特効薬として、

ヨモギの一種から抽出されるアルテミシニンを発見したことで

2015年に中国人女性がノーベル生理学・医学賞を受賞しました。

今は抗マラリア薬の中心的地位を占め、アフリカをはじめ世界で多くの命が救われています。

現在は抗癌作用についても研究されているそうです。

もちろんマラリアは寄生虫ですから、ウィルスと比べてはるかに巨大で全く別の存在です。

抗インフルエンザ薬で有名なタミフルは植物トウシキミの果実

「八角」から得られるシキミ酸を原料として合成されています。

ドイツではヤドリギのエキスは癌に対して最もポピュラーな治療法で、

ヤドリギから抽出された注射薬が病院でも使われているのですが、日本では殆どの人が知りません。

病には生薬や栄養の手助けが必ず必要で、

時にそれは科学的な響きを持たない為に疎かになることもあります。

しかし決して忘れてはならないことは確かです。

自分の学んでないこと、知らないことの中にも大切なことはたくさんあるはず。

否定したり中傷することは簡単ですが、学ぶことには時間がかかります。

自分のできることを考えながら、学ぶ姿勢が今こそ問われているのではないかと感じます。

 

発明王エジソンは今から100年前に未来の医療について言及しています。
The doctor of the future will give no medicine but will interest his patients in the care of the human frame, in diet, and in the cause and prevention of disease.
(Thomas Edison, 1847-1931)

「未来の医者は薬を使わず、食事を重視し、病気の本来の原因を探し、予防するという、人間の基本的な構造を大切にして治療をするだろう」

2020.02.10

新型コロナウイルス 予防法(重要だが見逃されてきた事実)

新型コロナウイルス 、感染の広がりは止まりません。ぜひ、皆さんに行っていただきたい予防法をお伝えします。

すでに、このブログでもオーソモレキュラーによる予防法をお伝えしていますが、なぜ新型コロナウイルス に有効なのかを新たな情報を加えて考察します。

そもそも、コロナウイルス 自体は風邪ウイルスとしてよく知られています。夏風邪などは私もよく引くのですが知らないうちにかかって、いつの間にか治っていますね。それほど怖いものではないので重要視されてきませんでした。ただし、単なる風邪といえどもお年寄りや体力の低下した人には致命傷となることがあります。ですから、新型といえども一般の風邪の予防法でいいことになります。

ただし、今回の新型コロナウイルス は重症度がより高いので特別な注意が必要です。今までに重症度の高いコロナウイルス はSARS, MERSとして知られているものです。今回の新型コロナウイルス を含めてこれらの重症コロナウイルス には共通点があります。それは、コウモリが感染源として考えられている点です。(中国ではコウモリをスープとして飲む料理があるらしい。閲覧注意です。)さて、ここからが重要です。人間とコウモリに共通な感染症があります。人間とコウモリの共通点はなんでしょうか。実は、重要な共通点があります。

ヒトとコウモリは、ビタミンCを体内で作れないんです。多くの動物はビタミンCを体内で合成します。ごく一部の動物だけがビタミンCを体内で合成できません。ヒト、コウモリ、サル、モルモットはそのわずかなビタミンCを合成できない動物なんです。進化の過程で、なぜかこれらの動物はビタミンCを合成する能力を失いました。お分かりですか、コロナウイルス はビタミンC欠乏症の動物を狙い撃ちにしているんです。そのため、コロナウイルス 予防には、ビタミンCが一番有効といえます。これは、一番単純で世界中の医学者がなぜか見逃してきた事実です。あまりにも単純、基本的なので高度な医学を操る人々には盲点となっていたのではないでしょうか。

さらに、コウモリは日陰を好みます。そのため、ビタミンDの濃度も低いと思われます。ビタミンDは近年、免疫を強めるのに重要であることがわかってきています。インフルエンザ予防にも有効性が言われています。そのためか、コウモリは一年に何回もコロナウイルス を含め色々なウィルスに感染しています。いつも風邪をひいているような、動物なのです。そのため、コウモリと反対のことをすれば予防になります。日光浴(ビタミンDが増えます)、ビタミンCビタミンDのサプリメントの服用をお勧めします。

実際のサプリメント服用量は、以前にお知らせした量で十分です。

日本で、ビタミンC、ビタミンDが不足している地域はどこでしょうか、フルーツも食べず、日照時間の短い地域、そう、冬の北海道です。道民の皆さん、ぜひ栄養の補給、サプリメントの摂取でコロナウィルス を予防してください。

2019.12.25

令和2年 第1回札幌麻酔クリニック健康セミナー開催のご案内!!

令和2年も『札幌健康セミナー』を開催いたします!


2020年2月7(金)

18:30開演!


受付開始は、18:00です。


ご参加ご希望の際には、

電話連絡・FAX・メールに受付しております。
お申し込みの際には、お電話番号、お名前、健康セミナー参加希望と
ご記載の上、お申込みいただければと思います!


■電話でのお申し込みの場合
011-633-2525

事務にてお伺いいたします。(9:00~月・水・金17:30 火・木19:00)
※年末年始(12月31日~1月5日)はお休みです。


■FAXでのお申し込みの場合
011-633-2527
どの時間帯でもお申し込みください!


■メールでのお申し込みの場合
sapporomasui.jimu@outlook.com
どの時間帯でもお申し込みください!

当院では、これからの健康を考える為に、医療関係者だけではなく全ての方々に知って欲しい大切なことを今年も勉強会の形でお届けしていきたいと考えております。

参加者にはプレゼントをご用意しているほか、健康にまつわる食品についての出店ブースも設置予定です!

多くの方に参加いただけるように願っております!

 

全4回の講演内容(予定)です!↓↓↓

1 2 3 4
一番上に戻る