ブログ

2019.12.25

令和2年 第1回札幌麻酔クリニック健康セミナー開催のご案内!!

令和2年も『札幌健康セミナー』を開催いたします!


2020年2月7(金)

18:30開演!


受付開始は、18:00です。


ご参加ご希望の際には、

電話連絡・FAX・メールに受付しております。
お申し込みの際には、お電話番号、お名前、健康セミナー参加希望と
ご記載の上、お申込みいただければと思います!


■電話でのお申し込みの場合
011-633-2525

事務にてお伺いいたします。(9:00~月・水・金17:30 火・木19:00)
※年末年始(12月31日~1月5日)はお休みです。


■FAXでのお申し込みの場合
011-633-2527
どの時間帯でもお申し込みください!


■メールでのお申し込みの場合
sapporomasui.jimu@outlook.com
どの時間帯でもお申し込みください!

当院では、これからの健康を考える為に、医療関係者だけではなく全ての方々に知って欲しい大切なことを今年も勉強会の形でお届けしていきたいと考えております。

参加者にはプレゼントをご用意しているほか、健康にまつわる食品についての出店ブースも設置予定です!

多くの方に参加いただけるように願っております!

 

全4回の講演内容(予定)です!↓↓↓

2019.12.04

訪問診療ブログ『青い山脈』

金谷 潤子
11月27

今年の春に仲良し看護師くんから「是非先生に」と、ご縁をいただいた方。
元々、頑張り屋さんのお母様でした。
数年前から落ち着かなくなり、
色々お薬が増える度にお元気がなくなって来ていました。 

ご本人もご家族も待ち望んだご退院。 
お帰りなさい。
ご本人の笑顔。
ご家族の笑顔。

でも、残念ながらご体調はやはり不調となり、緩やかな下降は続きました。

1週間ほど前から発熱をきっかけに、殆ど眠ったままに。
血液検査と病状を確認させていただき、治療を開始しましたが、効果の無い場合のお心づもりについてもお話しました。

もしかすると、お迎えか近いかもしれません。

そして残念ながら改善は見られませんでした。

退院されお薬調整して1週間ほどで見違えるほどお元気になった初夏。
時々怒りん坊さんになるけど、でも活気と優しい笑いに溢れた時間。
失禁も無くなり、歩行も安定して、
笑顔で口ずさんだ「青い山脈」。

でも、穏やかな時間は2ヶ月ほどで途絶えました。
何度か体調不良を繰り返す度に、弱く、か細くなっていくのを皆が感じていました。

1週間前からの状態変化。

どのような治療を選択されますか?
病院に行けば、治療の為の点滴類を外さないように工夫が施されてしまうでしょう。
ご本人にはそれが理解できず、困惑、混乱するでしょう。
そして一時的に改善を見てもまた繰り返すでしょう、これまでの様に。

そうですね。
もう十分だと思います。

治療は卒業としました。
点滴はそっと外しました。

遠く離れたご家族さまたちが次々とご挨拶に見えました。

どうかご本人の周りで普通に楽しくお過ごし下さい。
幸せな日常の中に、ご本人の旅立ちの風景も入れて差し上げて下さい。 

それは
寂しくなくて、
自然で、
安心な道行となりましょう。

ご家族さまは深く理解して下さいました。

そして待ちに待った入浴。
(私は、お迎えがどんなに近づいていても、ご本人やご家族が入浴を望まれるならいつも積極的に勧めて手配しています。)

担当訪問看護さんも駆けつけて参加。
訪問入浴スタッフさんの粋な計らいで、
ご家族皆さまが少しずつ湯をかけ、
優しく洗って差し上げました。
もう殆ど意識は無いのに、
温かい湯にゆっくりと身を沈めた途端
パァっと気持ち良さそうな表情とお顔色に変化して、
心配されていたご家族さまも
その幸せな入浴ぶりに驚くやら喜ぶやら。

その翌日。

身支度も整えられ安心したお顔で、
眠るようにそっと旅立ちました。

ご家族さまのお気持ちはひとつとなり、
ご本人の幕引きの数日を支えておられました。

特別ではなく
恐れることなく
愛しんで。

いつものように、
また会う日まで。

春の訪れを告げるこの歌。
病から解き放たれ、
温かな春の香気に包まれ、
いつまでもこの歌とともに。

合掌。

(写真はお歌を口ずさんでいた、この夏の訪問看護さんとご本人のお手元です。投稿にもご理解をいただきました。)


…………………………………………………………………………

青い山脈          作詞:西條 八十
              作曲:服部 良一

若くあかるい 歌声に
雪崩は消える 花も咲く
青い山脈 雪割桜
空のはて
きょうもわれらの 夢を呼ぶ

古い上衣よ さようなら
淋しい夢よ さようなら
青い山脈 バラ色雲へ
あこがれの
旅の乙女に 鳥も啼く

雨にぬれてる 焼けあとの
名も無い花も ふり仰ぐ
青い山脈 かがやく嶺の
なつかしさ
見れば涙が またにじむ

父も夢みた 母も見た
旅路のはての その涯の
青い山脈 みどりの谷へ
旅をゆく
若いわれらに 鐘が鳴る

2019.12.04

訪問診療ブログ『いい夫婦の日』

金谷 潤子
11月22

ご主人さまも先にお看取りさせていただいていた方。
「いい夫婦の日」にご主人さまがお迎えに来られたようです。
とても可愛らしい方でした。
お会いすると皆が癒されました。
忘れん坊さんでもちゃんと私の声は分かっていて、往診の日にはプイと寝たふり(採血がお嫌で)をされてました。

お顔色も良く、頬はほんのり桜色。

ご主人さまとまた手を取り仲良く道中お話されるのかなと、最期の診察をしながら心が緩みました。

ご両親思いのお子様たちもお揃いで、また、ご夫婦の門出のお祝いです。

帰り道、見上げると東の空に大きな二十六夜月が微笑んでいました。

本当にお疲れ様でした。
ご縁をありがとうございました。

1 2 3
一番上に戻る