ブログ

2021.07.26

訪問診療ブログ『最期まで生きる、そして愛』

『最期まで生きる、そして愛』
とても心配性の奥様が最期まで頑張れたのは、
訪問看護さんや訪問リハビリさんたちの丁寧な医療サポート、
ヘルパーさんの温かな生活サポート、
キャンナス眞鍋さんの、「最期まで生きること」へのサポートがあったからこそでした。
目を閉じて長いこと休まれたままだったご主人様がちゃんとお別れの時には目を開けてご挨拶をされたことは胸が詰まります。
キャンナス眞鍋さんのご投稿を引用させていただきます。
———————————————-
いのちを看る
小さな小さな呼吸で夜を超え、
最期まで穏やかな表情で 
早朝に旅立ちを決めた方とお付き合いしました。
酸素マスクの力を借りて、
全身で呼吸をする日を3週間ほど過ごされながら
この日を迎えました。
血圧は下がりながらも、
脈拍は弱く弱く触れました。
白々と夜が明ける中で、
乾燥した口を整えて、
あたたかいタオルでしっかりと洗顔と手を拭くと、頬が緩みました。
マスクを外した、
あまりの穏やかなご主人の表情を見て、
奥さんが言いました。 
「こんなにピカピカに、きれいにしてくれてありがとう。主人はもう充分頑張ったのですね。」
と確認され、うなづく私。
ご主人の額や頬を触り
「こんなにも最期まで頑張ってくれて、ありがとう。もうゆっくり、神様のところへ行ってもいいわよ。今まで本当にありがとう」
両手で頬をしっかりと支え、
唇に触れ何度も何度もお礼を伝えました。
ご主人はうっすらと目を開けて
見つめたあと数秒後再び閉眼され
静かな静かな呼吸で
お別れされました。
小康状態の中で 
いつか迎えるこの時間の不安と悲しみ、
そして緊張に潰されそうな心を聴きながら過ごしましたが、
その時間は感謝に溢れておだやかにやってきました。
主治医の先生が到着して
「最後の診察になります、ご主人はよく頑張りました。これは病気で亡くなったのではなく、大往生ですね」と。
そこに立ち会った皆が温かな時間を過ごしました
「家でよかったです・・ありがとう! 
やってあげたかったことができました!」
涙の無いさわやかな笑顔が心に沁みました
2021.06.24

訪問診療ブログ『今日もありがとう』

『今日もありがとう』
毎日、何のために生きてますか?
自分が死ぬときに、
自分の人生を説明するとしたら
どのように語りますか?
私は今年57歳になります
けれども大切なことに気がついたのは
ごく最近のことです。
私はあと何年生きるでしょう
何年生きたとしても、
私にとって大切なことは
変わりません
だから、今は死が怖くないし
不安ではありません
知ってますか?
死ぬときにお金も物も必要ありません
あの世になんにも持っていけません
知らないふりして
気がつかないふりして
生きていますか?
あの世に持ち越されるのは
「魂」
だけです
だから、魂を磨きましょう
魂は感謝するほどに輝きを増します
毎日どれだけ感謝できるかを
試されている人生です
小さな幸せを感じ取り
それをほかに伝えて差し上げましょう 
無駄と思われても、
報われない日々が続いても
醜くて
情けないことが
降りかかっても
涙が止まらなくても
泣きながらでも魂を磨いて
その昔は
お経を唱えたり
修行に明け暮れることだったかもしれません。
戦いや
争いや
貧困や
苦しみや
そんな
理不尽が溢れる中でも
人は魂を磨くために
心清くなるために
いつの世も
戸惑い
迷い
悩み
祈ってきたのかもしれません
でも、難しくない
感謝しましょう
どんな世でも
どんな日にも
ありがとう、一日
ありがとう、美しい音楽
ありがとう、温かいお茶
ありがとう、可憐な花
ありがとう、添えられた優しい手
ありがとう、すれ違った誰か
ありがとう、明日出会うあなた
※お花は今週患者さん宅で見かけたもの、投稿は昨年の今日のものです(年齢など少しだけ変えてます)。
2021.05.12

ガン患者と新型コロナワクチン

ワクチン接種が始まりましたが、最終判断が現場に丸投げにされているために混乱が起こっているようです。医療者はきちんと勉強はしているのですが、一般の方への情報発信は上手くありません。

 

日本癌治療学会,日本癌学会,日本臨床腫瘍学会(3学会合同作成)
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)とがん診療についてQ&A
-患者さんと医療従事者向け ワクチン編 第1版-
というものが出ています。(2021年3月29日)

https://www.jsmo.or.jp/news/coronavirus-information/qa_vaccinel_3gakkai.html

1 2 3 4 5 6 19
一番上に戻る