ブログ

2019.03.13

朝すっきりと起きられますか?−鉄欠乏は、多彩な愁訴と関係−

鉄欠乏性貧血による症状は実に様々です。具体的には、寝起きが悪い、疲れやすい、肩こり、湿疹、頭痛、風邪を引きやすい、髪が抜ける、注意力が低下、イライラ・神経過敏、歯茎から出血、アザ、動悸息切れがする、むくみ、爪が変形、割れやすい、食欲不振、口角口唇炎など、多彩な愁訴に関係しますが、慢性に経過する鉄欠乏は自覚症状に乏しいのが特徴です。

 現代ではライフスタイルや環境の変化によって食物からの鉄の摂取量が減少しています。さらに、成長に応じて鉄の需要は増大、過度な運動でも鉄が失われます。女性はさらに、月経血からの喪失、妊娠、分娩で鉄の需要が増加します。子宮筋腫や悪性腫瘍などによる出血量の増加に伴い、需要量が増加します。

 病院で処方される鉄剤は非ヘム鉄です。鉄は胃酸により、鉄イオンに変化してから吸収されるので、胃酸の分泌が低下している人はヘム鉄の補給が適しています。

 鉄以外にも栄養バランスの乱れは様々な不定愁訴を引き起こし、病気の原因にもなります。血液検査によって、ご自身の体の状態を知り、適切な栄養素の補給を行なうことによって、愁訴の改善だけでなく、身体症状を含めた全身状態の改善も可能になります。

2019.03.13

一億総老化時代

日本は今、「2025年問題」といわれるように、団塊の世代が後期高齢者(75歳以上)に達することにより、介護・医療費等社会保障費が急増する、という重大な問題に直面しています。簡単に言うと、高齢者人口は約3,500万人、約1/3が高齢者になります。これは、えらいこっちゃというわけで、マスコミ報道などで騒がれているのはご存知の通りです。

健康なうちにこそ、将来のことを考えておくのがいざという時に慌てない秘訣です。北海道は、全国的に見ても病院で亡くなる人の比率が多いのですが、最近は最期を自宅で迎えたいという方も増えており、在宅医療が注目されてきています。私どものクリニックでも在宅医療を担当しておりますが、一口に在宅死といってもその形は様々です。治療手段がないということで病院から来られた方や、自ら積極的に在宅医療を選択された方もいます。前者はどちらかというと病院での治療の延長線上に在宅を選んだ方、後者は治療法も含めて自分で選択しようとする方です。印象的には安らかに死を迎えられるのは後者のタイプの方が多いような気がしますが、どちらも驚くほど安らかに最期の時を迎えられます。私が病院で経験した集中治療室などでの死とは大きく違います。

 ただ、死ぬ前に私たち一人一人が心がけておく事があるのではという事で、本にしてみました。興味のある方はご一読下さい。Kindle本で100円です。

『金谷憲明先生と語る 心と体の栄養学: 日本初の日帰り手術専門クリニックから、在宅医療とアンチエイジングまで』

http://www.amazon.co.jp/dp/B01A76PT8E/ref=cm_sw_r_fa_dp_ULALwb0KYF4AS

2019.03.12

北海道は癌になりやすい?

2人に1人が癌になる時代と言われています。日本は名だたる長寿国で、医療レベルも高いのに何故でしょうか。長生きになったため、他の病気で命を落とさず癌くらいでしか死なないという捉え方もあります。しかし、癌の死亡率には地域差があることはあまり知られていません。
 2017年の国立がん研究センターの報告では、東北・北海道の癌死亡率が男女共に全国に比べて高いのです。これは、どのように考えたら良いのでしょうか。最も低い長野県に比べ、北海道は1.5倍程です。北海道は、人口に対する医師数の面では全国で平均的なレベルであり、特に医療が受けにくい環境ではありません。手術に関しては、麻酔科医がきちんと術中管理をしている病院も多く、安全に手術が行われています。
 同様の傾向は、北半球の地域に多く見られます。他に、北半球に多いと言われる疾患は、高血圧、インフルエンザ、うつ病などです。これらの地域に共通していることは冬が長く、日照時間が短いことです。日照時間が短いと体内のビタミンD濃度が低下します。ビタミンDの合成は皮膚で行われ、その合成には紫外線が不可欠です。したがって、日焼けを避ける今日の生活様式は北半球ではビタミンDの低下がさらに酷いことになります。ビタミンDは、免疫、Ca代謝に大きく関わっています。すでに活性型ビタミンDは骨粗鬆症の薬として使われています。
 食品としてビタミンDを多く含むのはレバー、鮭などです。きのこも天日干しになったものはビタミンDになります。キノコも鮭も秋の恵みとしてよく知られたものです。そう考えると、昔の人は誰にも教えられずに予防医学を実践していたことになります。最近の世界の医療のトレンドは最先端医療の追求よりは予防医療の推進です。予防医療の観点からは、ビタミンDをサプリメントで補充することが勧められています。1日5,000単位以上のビタミンDの摂取をお勧めします。

1 2 3 4 5
一番上に戻る